ゆる~い解説からお得なor無駄な情報を研究しております

サイトの評価を上げ、アクセス数と検索順位をアップさせよう!



「ブログ」「3ヶ月」「100記事」

この界隈では結構有名なワードですよね

3ヶ月で100記事と言う事は、単純計算で『1日で1記事以上』書くって事です
(トンデモナイ作業量と継続力です・・・)

しかし、この情報の真偽を確かめようとしても

『私は3ヶ月で○○PV達成しました!!』

『3ヵ月でこんなにアクセス数が増えました!』

みたいな自慢成功体験ばかりです

そこで、実際3ヵ月運営した結果とその分析をお伝えしたいと思います

ブログ開設3ヵ月経過で何が変わる?



えーっと・・・

3ヵ月経っても全然アクセス増えなかったんだよね?

そうだ。相変わらず1桁~0をウロウロしてる

やっぱり3ヵ月は都市伝説だったんや!!

100記事の方を実践していないだろ

それに、前にも話したがアクセス数「以外」の部分で変化は出ている

検索順位だっけ?

そうだ

そして、ここが重要になる?

どうして?


重要なのは総アクセス数より『検索順位』


アクセスの多くはgoogleなど「検索エンジン」が中心になる

確か大半が検索エンジンから来るって言うよね

そうだ。だから検索エンジン上の検索順位は非常に重要だ

そして、検索順位『1位』『2位』以下は大幅にアクセス数が落ちるという

当然トップページ以下、つまり10位以下はほとんどアクセスが無い

じゃあ、検索順位を上げさえすれば!

それが簡単に出来たら苦労しない

あっはい・・・

逆にそんな事出来たら大混乱になる

まぁ詰まる所、アクセス数を増やすというのは「検索順位」を上げる事とイコールになる

SNSとかからアクセスしてもらうのは?

それは一時で継続性が無いし、集客力にも限界がある

即ち、長期的に見ると「アテ」にならない

やっぱり検索順位を上げた方が安定する?

そうだ

その代わり『順位』に振り回される事になるが・・・


検索順位上昇には時間がかかる


じゃあ、今の理屈からすると“ここ”は検索順位がダメダメって事?

まぁ、3ヶ月程度にしては上出来じゃないか?

そうなの?

特定のキーワードでは一桁順位を取っている

当然、そのキーワードで結果に上がるページがアクセス数の稼ぎ頭になってる

って事は他は散々って事じゃ・・・

でも、どうしてそのページだけ一桁順位に入ってるの?

それは分からない

ただ、そのページは6月に書かれたものだ

3ヶ月ぐらい前の記事になるんだね

・・・

あれっ?3ヵ月?

分かったか?

何故ブログ界隈では『3ヵ月』が重要ポイントになるか

ええっと、3ヵ月ぐらい前に書かれた記事が今一桁順位にいる?

そうだ

でも、記事を公開した時はそんな高い順位じゃなかったんだよね?

勿論!目も当てられない状態だった

じゃあ、今一桁順位に入ってるのって・・・

 

ドメインパワーが高い老舗サイトはともかく

並のサイトでは記事がしっかり評価され、検索順位が上がるにはそれなりの時間がかかる

それが3ヵ月・・・?

いや、この記事に関しては3ヵ月もかかっていない

ただ『時間がかかる』これが重要なポイントだ


時間をかけてもダメな場合もある


ええっと

その理屈だと他の記事の順位も上がってる?

どうだろうな?

あれ?

時間が経ったからと言って無条件で順位が上がるわけじゃない

記事の内容の他に

検索されるキーワードを使ってるか
大手企業・人気サイトと競合してないか
様々な要素で順位が決まる

時間さえ経てばいいってもんじゃないんだね・・・

まぁこれらを加味しても時間経過は重要だ

だから
「3ヵ月はアクセス無し」
「3ヶ月後PVが上がって来た」

って話が多いんだね

そうだ。 丁度、検索順位が上がってくる期間に当たるんだ

次ページ